memo

次女入園

この春、長女が小学校、次女が幼稚園に入園しました。

 

あき入園式

 

 

長女が卒園する時は、涙涙の卒園式でした。3年間の出来事を思い出し、あんなに小さかった娘が、卒業証書を受け取る姿に感無量。

お世話になった先生方に感謝の気持ちでいっぱいでした。

しかし、本当にこの子は、小学校にいけるのだろうか。幼稚園の3年間、朝ママと別れるのがいやだと泣き続け、また小学校でも泣くんじゃないかと不安でした。

また、次女も、2月から、少し幼稚園には通っていたのですが、活発で社交的と思ってきた子が、帰ってくる度、目は真っ赤、遠足の城山では、私がついていたにも関わらず、登って降りるまで、泣いていたのでした。

 

しかし、3月と4月の区切りには、何か魔法があるのでしょうか。

小学生の姿になった長女は、凛々しく、希望に満ちて顔つきもしっかりしてきました。新鮮な小学校の生活をうれしそうに話してくれます。

幼稚園で経験した、勉強や体操、日々の習慣、大事な友達が彼女の自信となっているようです。

 

次女もまだまだ、幼稚園で泣いています。

あんなに楽しみにしていた入園式も人の多さと、ものものしい雰囲気におじけて、泣いて私にしがみついていました。

しかし、あまり心配ではありません。

こうやって泣いて、楽しいこと、つらいことを経験して、もまれて、たくましくなっていくんだなあ。と思います。

 

次女よ。あなたの世界は今開け始めた。お友達を大事に。楽しいことは心から楽しんで。

母は見守っているよ~!!

  2014/04/12   admin